孫穎莎(スンイーシャ)とは【プロフィール・世界ランキング・使用用具・特徴】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
参照:https://www.ittf.com/

孫穎莎(スンイーシャ)選手は、中国の次世代エースの一人で東京五輪にも代表として内定している選手です。男性のような力強いスイングが持ち味で勝負どころでは一撃で抜き去るようなドライブを放ちます。

そんな孫穎莎選手とはどんな人物か、他にもプロフィールや世界ランキング、使用用具、プレーの特徴などを紹介していきます。

孫穎莎(スンイーシャ)とは

参照:https://www.ittf.com/

孫穎莎とは、中国の次世代エース候補で東京五輪の代表権も獲得している選手です。読み方は「スンイーシャ」、英語だと「Sun Yingsha」と表記されます。

  • 中国の次世代エース候補!東京五輪シングルス代表選手!
  • 男子選手顔負け!小柄ながら力強いスイングが持ち味!
  • 技術だけではなくメンタルも強い!抜群の勝負強さで活躍!

中国の次世代エース候補!東京五輪シングルス代表選手!

そうです、孫穎莎選手とは中国の代表選手で次世代のエース候補としても呼び声が高い選手です

日本の伊藤美誠選手、平野美宇選手、早田ひな選手ら黄金世代と同世代の選手で今後長く日本の壁として立ち塞がる可能性が高いです。

2020年の東京五輪にもシングルスと団体戦でメンバーとして選出されています。五輪のシングルスは2枠なので既に中国では主力選手としての立ち位置で活躍しています。

男子選手顔負け!小柄ながら力強いスイングが持ち味!

すごい事に、孫穎莎選手の卓球スタイルは正に男子選手顔負けと言ったような迫力があります。身長は160cmと中国選手の中では小柄ですが力強いスイングによって相手を打ち破ります

特にフォアハンドの攻撃を得意としており、今までの女子卓球には無かった下がってからの打ち合いでも相手を押し切る力があります。

現代の卓球界では、女子選手のプレーの男性化が進んでいますが、その第一人者と呼べる程です。ですが、まだ年齢も若いので伸び代も大きく今後の成長に注目が集まります。

技術だけではなくメンタルも強い!抜群の勝負強さで活躍!

実は、ここだけの話、孫穎莎選手がすごいのは、技術だけではありません。メンタルも強さも際立っており、大事な場面でも攻め切る心の強さがあります

孫穎莎選手のメンタルの強さが際立った試合は、2019年に行われたワールドカップの団体戦です。中国と日本が決勝で対戦し孫穎莎選手は、日本のエース伊藤美誠選手と対戦しました。

伊藤美誠選手が主導権を握り試合は2-2の10-7とあと1点で勝利するところまで追い詰められますが、孫穎莎選手はそこから見事逆転勝利を果たします。特に9-10の時にはあと1点で負けてしまうプレッシャーの中、チキータで一撃でブチ抜いたプレーには世界中が脱帽しました。

卓球は、大舞台になる程、メンタルの影響が大きく出るスポーツなので孫穎莎選手の将来が期待されている理由はこういった勝負強さにもあるのでしょう。

孫穎莎(スンイーシャ) プロフィール

参照:https://www.ittf.com/
戦型右シェーク裏裏ドライブ型
年齢20歳
生年月日2000年11月4日

エピソード

  • すごい、中国内でも随一のポテンシャル!世界ジュニア選手権優勝!
  • 世界選手権ブタペスト大会で鬼神の如き活躍!日本のエース伊藤美誠を破る!
  • 東京五輪代表内定へ!中国の主力として頂点を狙う

すごい、中国内でも随一のポテンシャル!世界ジュニア選手権優勝!

孫穎莎選手は、日本の伊藤美誠選手、平野美宇選手、早田ひな選手らと同世代で幼い頃から中国で活躍していた選手ですが、一気に頭角を表すようになったのは2017年になってからです

2017年の世界ジュニア選手権で優勝すると、信じられないですが初出場したジャパンオープンで格上選手達を軒並み倒し見事優勝を果たします。

ジャパンオープンはシニアの大会で、ツアーの中でもポイントが高いため世界のトッププレーヤーが沢山出場しています。その中で優勝、ましてやツアー初出場で優勝するとは本当に考えられない結果を残します。

世界選手権ブタペスト大会で鬼神の如き活躍!日本のエース伊藤美誠を破る!

その後も周囲の予想を大きく超える形で急成長を遂げた孫穎莎選手は、世界選手権ブタペスト大会の出場権を獲得します。当時世界ランキング2位の朱雨玲選手が落選した中での代表選出だったため相当な期待があったのでしょう。

すごい事に、孫穎莎選手は、その期待通りの活躍を本戦で残します。シングルスでは、当時世界ランキングがまだ高くなかったため早々に伊藤美誠選手と当たるゾーンに入り3回戦で見事伊藤美誠選手を破ります。

当時、伊藤美誠選手は、中国選手に対しての勝率が50%近くあったため最も警戒されてた選手です。その中でしっかり実力を発揮して勝利しました。

またダブルスにも出場し、王曼昱選手とのペアで見事優勝を果たしました。ダブルスでは、当時世界ランキング1位のペアだった伊藤美誠選手、早田ひな選手のペアを破っています。

こうして、孫穎莎選手は中国の期待の若手選手という立ち位置から一気に中国の主力選手という形へ変貌を遂げました。

東京五輪代表内定へ!中国の主力として頂点を狙う

孫穎莎選手は、その後も順調に成長を重ねていき、中国のエース選手のようになります。2019年のワールドカップの団体戦では、エース起用されて活躍しています

東京五輪でも2枠しかないシングルスの代表権を獲得しており、本戦では、エース起用される可能性が高いでしょう。

2019年以降は、シングルスの成績で言うと中国外の選手に負けたのは伊藤美誠選手に1敗したのみで殆ど全く負けています。それほど圧倒的な強さを持つ選手なので日本にとっては警戒すべきです。

世界ランキング及び使用用具

世界ランキング

世界ランキング3位(6月13日時点)

成績

2017年ジャパンオープンシングルス優勝
世界ジュニア選手権シングルス優勝
2019年世界選手権ブタペスト大会ダブルス優勝(王曼昱ペア)
ジャパンオープンシングルス優勝
オーストラリアオープンシングルス優勝
アジア選手権シングルス優勝
ドイツオープンシングルス優勝

使用用具

ラケット:カーボネード45

ラバー(表面):国狂3

ラバー(裏面):狂飆NEO3

孫穎莎(スンイーシャ) プレーの特徴

参照:https://www.ittf.com/

孫穎莎選手のプレーは一言で言うと、女子卓球の男性化を最も体現しているのが特徴的です。その孫穎莎選手の卓球の中でも特に光ったプレーを紹介していきます。

  • 男子顔負け!?とてつもない威力のフォアドライブ!
  • 安定感抜群!的確にコースを突くバックハンド
  • 超攻撃型卓球の要!レシーブから繰り出す強烈なチキータ

男子顔負け!?とてつもない威力のフォアドライブ!

孫穎莎選手のプレーで最大の特徴と言えるのが威力満点のフォアドライブです。160cmと大柄では無いものの身体能力の高さを思わせるそのスイングは非常に力強く威力があります

また、フォアハンドを生かすためのフットワークも非常に良く、動きが速く、効率的でその上スタミナもあります。動きながらフォアドライブを打ち続けるそのスタイルはまるで男子選手のようです。

現在では、女子卓球選手の男性化が進んでいますが、その中でも孫穎莎選手の卓球スタイルは随一であり男子選手顔負けと言える程です。女子選手だけではなく、男子選手にも参考になるでしょう。

安定感抜群!的確にコースを突くバックハンド

孫穎莎選手のバックハンドはフォアハンドに比べると安定的で相手を崩す能力が高いです。非常にスピーディーでかつコースが的確なのでチャンスを作り得意なフォアハンドに繋げる事ができます

また、現代卓球のトップでは必要となるバックハンドのカウンターの技術力も高く相手に押し負けず連打する事ができます。

一言付け加えると、孫穎莎選手のバックハンドは回転量が多いわけではありませんがその分低く鋭いので相手は中々強打をする事ができません。フォアを得意とする選手だからこそのバックハンドです。

超攻撃型卓球の要!レシーブから繰り出す強烈なチキータ

実は、孫穎莎選手の超攻撃卓球の要となっているのがレシーブで見せるチキータです。チキータと言っても殆ど台上バックドライブのようでとてもスピードや回転量があります

孫穎莎選手は、世界選手権ブタペスト大会のダブルスで王曼昱選手とペアを組み優勝していますが、右利き同士のペアでも優勝できた要因はこのチキータです。レシーブは殆ど強烈なチキータで仕掛けるため相手を防戦一方に追い込みました。

シングルスでも孫穎莎選手は、ここぞというポイントでは繋ぐのではなく一撃で決めるかのようなチキータで攻める事がよく見られます。チキータ攻撃は孫穎莎選手を支える要と言っても良いでしょう。

まとめ:孫穎沙

いかがでしたでしょうか。孫穎莎選手について紹介してきました。孫穎莎とはこんな人物です。

  • 中国の次世代エース候補!東京五輪シングルス代表選手!
  • 男子選手顔負け!小柄ながら力強いスイングが持ち味!
  • 技術だけではなくメンタルも強い!抜群の勝負強さで活躍!

また、孫穎莎選手のプレーの特徴はこちらです。

  • 男子顔負け!?とてつもない威力のフォアドライブ!
  • 安定感抜群!的確にコースを突くバックハンド
  • 超攻撃型卓球の要!レシーブから繰り出す強烈なチキータ

最後に一言だけ付け加えると、孫穎莎選手は、現在2000年代に生まれた選手達の中でも一歩先を走っている実力を持ちます。日本の黄金世代の選手達とは今後も長く競っていく間柄になるであろう選手なので注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*