【フランチャイズ比較】おすすめパン屋(ベーカリー)一覧紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、洋食が普及した事によって朝食でパンを主食とする家庭も少なくありません。それ程までにパンは日々の生活に深く関わってきており、美味しいパンを食べたいという需要が増えパン屋(ベーカリー)は人気を集めています。

このページでは、そんなパン屋(ベーカリー)のフランチャイズ店の特徴や他にもおすすめのパン屋(ベーカーリー)フランチャイズを一覧で比較し紹介しています。

パン屋(ベーカリー)フランチャイズ特徴

パン屋(ベーカリー)の特徴としては、とにかく一定層に高い人気を誇っています。ですが、大変な一面もあり早朝から仕込みをして夜遅くまで働くといった部分もあります。ここからは、パン屋(ベーカリー)のフランチャイズの特徴をより詳しく紹介していきます。

  • やりがいがある!業務は大変でもこだわりを持った店の運営ができる
  • 競合も少ない!全体的にフランチャイズ店は少なめ

やりがいがある!業務は大変でもこだわりを持った店の運営ができる

そうです、パン屋(ベーカリー)のフランチャイズの特徴はとにかくやりがいがあるという事です。早朝から仕込みをして、販売し終わって帰る頃には夜遅くになる程大変ですが好きなパンを喜んで買ってもらう事にやりがいを感じるオーナーが多いようです。

特に継続して営業していけば、パンのメニューや陳列など工夫できる部分も多くフランチャイズとは言え拘りを詰め込んだ店にする事も可能になるでしょう。店によっては新メニューを作れる事もあるので自由な部分を生かして経営できます。

競合も少ない!全体的にフランチャイズ店は少なめ

実は、パン屋(ベーカリー)のフランチャイズ店は現状そこまで多くありません。多くても50店舗展開程なので他のフランチャイズと比較すると数はかなり少ないと言えるでしょう。

そのため、競合が他のフランチャイズと比較しても少ない傾向にあります。主要都市の駅前などは当然パン屋も多いですが、駅から少し離れたところであれば競合はかなり少なくなるでしょう。

パン屋(ベーカリー)は、高齢者や主婦層をターゲットとしやすいので駅から離れていても比較的集客はしやすいでしょう。まだまだ穴場スポットもあるので探してトライしてみてはいかがでしょうか。

おすすめパン屋(ベーカリー)フランチャイズ一覧紹介

  • 一本堂
  • ロンドン
  • 伊三郎製ぱん
  • パンブロー
  • コンセルボ
  • 堤製パン
  • マーメイドベーカリーパートナーズ
  • ブリオッシュドーレ
  • スワンベーカリー
  • 給食のおばさん あげぱん屋

一本堂

参照:https://shokupan-ippondo.jp/

一本堂は、食パンをメインとしたパン屋です。食パンだけでも月に8,000人の利用客がいる程の人気があり安定した売上を上げる事ができるでしょう。また、一本堂の利用客の多くは高齢者や主婦層なので一等地に出店せず住宅街に出店しても安定して来客を見込む事ができます。家賃などの費用を減らす事ができます。

ロンドン

参照:http://www.oisis.co.jp/london.html

ロンドンは、総合食品メーカーの「オイシス」が運営するパン屋です。店頭焼きを持ち味としており焼き立てのパンを提供している事で利用者からは厚い人気があります。未経験者には難しいと思われがちですができるだけ工程を省いて焼けるパン生地とマニュアルが充実しているので問題無くスタートできます。

伊三郎製ぱん

参照:https://www.isaburo.jp/franchise/

伊三郎製ぱんは、100円という低価格で本格的なパンを販売するのが一つの特徴です。「感動の100円ぱん」がテーマになっているため安い価格で感動を与えるためのパンが並んでいます。全国で約50店舗展開しており仕入れの際に一括大量購入できるため低価格を実現しています。利用者からとても人気のあるパン屋です。

パンブロー

参照:https://pan-dokuritu.com/index.html

パンブローは、関西を中心に店舗展開しているパン屋です。創業から現在に至るまで30年程経っており、それまでに培われたノウハウがフランチャイズ経営の際にも生かされています。とにかく開業した後に失敗しないために十分な質と時間の研修を施してから開業に移るのが特徴的です。

コンセルボ

参照:http://www.okano.co.jp/conservo/

コンセルボは、コンセルボだけのオリジナル商品もあり人気を集めているパン屋です。関西を中心に多数店舗展開しており現地では認知度も高いようです。コンセルボ以外にも多数ブランド店がありノウハウが蓄積されているのでフランチャイズ経営の際も生かされるでしょう。

堤製パン

参照:https://www.tsutsumipan.com/

堤製パンは、現在四国を中心に店舗展開しているパン屋です。現在は30店舗以上展開しておりその殆どは直営店ですが少しずつフランチャイズ店の出店も進んでいます。女性が活躍できる場を作るというのをモットーに運営しているので女性で開業を考えている方にはおすすめです。

マーメイドベーカリーパートナーズ

参照:https://www.mermaid-bp.co.jp/

マーメイドベーカリーパートナーズは、カフェやパン屋などそれぞれ特徴を持ったブランド店が4種類ありまとめている会社です。4種類あるため適したブランド店の加盟店になる事も可能です。また、研修が充実しており、実店舗で1〜3ヶ月程実習も経てから開業する形になるので未経験者でも安心してスタートする事ができます。

ブリオッシュドーレ

参照:http://www.briochedoree.jp/

ブリオッシュドーレは、世界に1,260店のレストランを展開するルデュッフグループが創業したブランドです。ベーカリーとカフェを併設した店舗の元祖と言われています。フランス国内では既に300店舗展開した実績があり日本国内でもこれからさらにフランチャイズ店が増えていく事でしょう。

スワンベーカリー

参照:https://www.swanbakery.co.jp/

スワンベーカリーは、当時の代表取締役がヤマト福祉財団、ヤマトホールディングス株式会社と連携して設立した会社です。障害者の雇用を積極的に進めており現在は300人以上の雇用を生んでいます。障害がある人ない人が共に働ける環境を作るという事をテーマに運営されたパン屋です。

給食のおばさん あげぱん屋

参照:https://obasanda.com/

給食のおばさん あげパン屋は、昭和30〜50年の給食メニューを再現して懐かしい味を楽しむ事ができる店です。メイン食材はあげぱんですが、ソフト麺などのパン以外の商品もあり子供から大人まで幅広く人気があります。メディアに出演する事も多数で現在は移動販売でのフランチャイズ展開も進んでいます。

パン屋(ベーカリー)フランチャイズ費用比較

パン屋一本堂ロンドン伊三郎製ぱんパンブローコンセルボ堤製パンマーメイドベーカリーパートナーズブリオッシュドーレスワンベーカリー給食のおばさん あげぱん屋
加盟金100万円50万円 保証金:50〜100万円要問い合わせ要問い合わせ加盟金:100万円 保証金:100万円要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
ロイヤリティ売上の3%(上限5万円)/月売上の1%/月要問い合わせ売上の3%/月0円要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ3万円/月

まとめ:パン屋(ベーカリー)フランチャイズ

いかがでしたでしょうか。パン屋(ベーカリー)のフランチャイズについて紹介してきました。おすすめパン屋(ベーカリー)フランチャイズはこちらです。

  • 一本堂
  • ロンドン
  • 伊三郎製ぱん
  • パンブロー
  • コンセルボ
  • 堤製パン
  • マーメイドベーカリーパートナーズ
  • ブリオッシュドーレ
  • スワンベーカリー
  • 給食のおばさん あげぱん屋

最後に一言だけ付け加えると、パン屋(ベーカリー)は大変な部分も多く売上が上がりにくい店舗もあるため手を出しにくい業種かもしれませんが、優良なフランチャイズ店を見つける事ができれば充実した営業と売上を獲得する事もできるはずです。まずは調べてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*