【フランチャイズ比較】おすすめカフェランキングを一覧で紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンとして働いている多くの方が一度はカフェを開業してのんびりと経営したいと考えた事があるのではないでしょうか。カフェはフランチャイズ展開している事が多いので未経験でも安心して開業する事ができます。

このページでは、おすすめカフェフランチャイズのランキング、他にも費用などを一覧で比較していますので是非ご覧ください。

未経験でも安心!カフェフランチャイズ特徴

カフェのフランチャイズの特徴としては、サポートが充実している店舗が多く未経験でも安心してスタートできるのが特徴的です。ここからは、更に際立ったカフェフランチャイズの特徴を紹介していきます。

  • 大手人気チェーンから小規模チェーンまで!様々な規模の店舗を選びたい放題
  • サポートが充実!フランチャイズであれば未経験でも安心してスタートできる!

大手人気チェーンから小規模チェーンまで!様々な規模の店舗を選びたい放題

カフェのフランチャイズは、誰もが知っているドトールやタリーズ、コメダ珈琲など全国に店舗展開しているコーヒーチェーン店もあれば、まだ店舗数が一桁の小規模コーヒーチェーン店もあります。

大手チェーンは、多くの店舗を展開している実績があるため経営を成功させるノウハウを沢山持っており、ブランド力もあるので集客がしやすいです。

一方小規模の場合は、加盟金やロイヤリティが低く負担が小さいのが特徴的です。更に自由度も高い事が多いので自分らしいお店を開きたいという方におすすめです。どちらも良い部分があり選べるというのがカフェフランチャイズの大きな魅力です。

サポートが充実!フランチャイズであれば未経験でも安心してスタートできる!

カフェを新しく開業したい時、未経験だから不安と諦めてしまった事はないでしょうか。カフェのフランチャイズではサポートが充実している事が多く未経験オーナーも数多く活躍しています。

特に研修は1〜3ヶ月程でみっちりやる事が多いので未経験からスタートしても戸惑う事なく経営できているオーナーが多いようです。誰しも不安はあると思いますが興味があるならチャレンジしてみると良いでしょう。

おすすめカフェフランチャイズランキング

  • 1位:ドトール
  • 2位:コメダ珈琲
  • 3位:タリーズコーヒー
  • 星乃珈琲店
  • さかい珈琲
  • 葉山珈琲
  • Roty’s Roty Cafe
  • 長井珈琲倶楽部
  • 珈琲や
  • LUCAS FARM CAFE
  • 珈琲館
  • カフェ・ド・クリエ
  • 港屋珈琲
  • 珈琲屋らんぷ
  • 元町珈琲
  • 上島珈琲店
  • 珈琲元年
  • ビリオン珈琲

1位:ドトール

参照:https://www.doutor.co.jp/dcs/

ドトールコーヒーの特徴は、大手コーヒーチェーン店にも関わらず非常にリーズナブルで気軽に行けるというのが大きな特徴です。現在は全国に約1,100店舗展開しており店舗展開に関するノウハウも沢山持っています。

2位:コメダ珈琲

参照:http://www.komeda.co.jp/

コメダ珈琲は、全国のチェーン店の中でも人気がある珈琲店です。早くからフランチャイズ展開しており、全国に展開している店舗の多くがフランチャイズ店となっています。数多く展開してきた事でノウハウが沢山あり効率的な経営ができます。

3位:タリーズコーヒー

参照:https://www.tullys.co.jp/

タリーズコーヒーは、1970年からスタートして歴史あるコーヒーチェーン店で現在は全国に700店舗も展開しています。サポートが充実しており、長い運営で培われたノウハウを提供してくれます。有名店で始めたい方におすすめです。

星乃珈琲店

参照:https://www.hoshinocoffee.com/

星乃珈琲店は、コーヒーチェーン店の中では中堅に位置する珈琲店で関東、中京、関西を中心に店舗展開しています。200以上の店舗を展開しており店舗展開のノウハウは沢山あります。ロイヤリティが固定されているので頑張った分だけ年収は高くなりやすいです。

さかい珈琲

参照:http://www.sakaicoffee.jp/

さかい珈琲店は、岐阜県発で東海地方を中心に店舗展開しているコーヒーチェーン店です。店舗数はそれ程多くなく実績としては小さく感じるかもしれませんが「焼肉屋さかい」などの飲食店を経営していた事で得たノウハウがあります。

葉山珈琲

参照:http://www.hayama-coffee.co.jp/

葉山珈琲のフランチャイズの特徴は、パッケージ化された店舗ではなく出店地域毎に外装、内装を変えた店にする事にあります。また、オーナーの得意分野があればその部分も店舗に反映していくといった柔軟な経営スタイルのフランチャイズです。

Roty’s Roty Cafe

Roty’sRotyは、本格的なコーヒーだけではなく、フレーバーカフェやイタリアンソーダなども楽しめるカフェです。フランチャイズですが、比較的自由で店名と主力商品の「ロティ」だけ借りて経営するような形になります。 ロティは注目を浴びている商品なのでおすすめです。

長井珈琲倶楽部

参照:https://nagai-coffee.co.jp/

長井珈琲倶楽部は、兵庫県を中心に直営店を出店しているコーヒーチェーン店です。現在フランチャイズ店はまだありませんが、物販とテイクアウトなど席数に左右されない経営ができるといった他の店にはない特徴もあるのでおすすめです。

珈琲や

参照:http://coffeeya.co.jp/

珈琲やは、焼き立ての珈琲を提供するという形で人気を誇っているコーヒーチェーン店です。基本的に珈琲は既に焼いてあるものを焙煎し提供されますが珈琲やは生豆を焼くところから手掛け提供しています。現在ある店舗は全て黒字経営となっており安定しています。

LUCAS FARM CAFE

LUCASFARMCAFEは、フランチャイズを募集していますがフランチャイズという形ではなくライセンス契約という形をとっています。まだ、フランチャイズの実績は無いですがその分かかるお金は安くなっておりロイヤリティの負担も無いのでおすすめです。

珈琲館

参照:https://www.kohikan.jp/

珈琲館のフランチャイズは、研修が非常に充実しているのが特徴的です。研修期間は3ヶ月間ありこれまでの運営で培われたノウハウを業務に必要なノウハウをしっかり叩き込んでくれるため未経験からスタートでも安心してスタートする事ができます。

カフェ・ド・クリエ

参照:https://www.pokkacreate.co.jp/

カフェドクリエの特徴は、運営する株式会社ポッカクリエイトが多数の物件情報を持っているため成功しやすい立地でスタートできるのが強みです。更にオーナーの強みを生かした形に店を変えていく事もできるため経験豊富なオーナーにおすすめです。

港屋珈琲

参照:https://www.minatoya-coffee.net/

港屋珈琲は、フランチャイズの募集をしていますが募集をする前に港屋珈琲事態が大手飲食のフランチャイズに加盟して売上を上げた実績があります。そのため、加盟店の立場に立って考える事もできるので加盟したらオーナーにとって経営しやすいのは間違いないでしょう。

珈琲屋らんぷ

珈琲屋らんぷは、焙煎士が創業者となって始め、東海地方を中心に60店舗近く展開しているコーヒーチェーン店です。ロイヤリティは無く、指定場所で豆を購入するものと加盟店料が月額で1万円かかるだけなので費用の負担が非常に小さくて経営しやすいです。

元町珈琲

参照:https://motomachi-coffee.jp/map/

元町珈琲は、関東、東海、関西を中心に店舗展開しているコーヒーチェーン店です。上品でゆったりした空間でこだわりのある珈琲を楽しめるのが特徴的です。フランチャイズに加盟すると1ヶ月間の研修と開業後もコンサルティングしてくれるなどサポートが充実しています。

上島珈琲店

参照:https://www.ueshima-coffee-ten.jp/

上島珈琲は専用のモバイルアプリも配信しておりそのモバイルアプリで決済やランク付与、割引クーポンの配布などお得な特典が多いため人気を誇っております。コーヒーへの拘りは勿論、農園や店づくりにも強い拘りを持っているため非常に上質な時間を過ごせるでしょう。

ビリオン珈琲

参照:http://birioncoffee.com/

ビリオン珈琲は、1日に250〜500人程も来店する人気コーヒーチェーン店です。拘りを持った焙煎方法や空間作りをしてきた事で店内ではとても優雅な時を過ごす事が出来るはずです。チャレンジ精神も強いコーヒーチェーン店なので強い気持ちを持って開業したい方にはおすすめです。

カフェフランチャイズにかかる費用を一斉比較

カフェドトールタリーズコーヒーコメダ珈琲星乃珈琲店さかい珈琲葉山珈琲Roty’s Roty Cafe長井珈琲倶楽部珈琲やLUCAS FARM CAFE珈琲館カフェ・ド・クリエ港屋珈琲珈琲屋らんぷ元町珈琲上島珈琲店ビリオン珈琲
加盟金150万円800万円300万円300万円300万円200万円200万円100万100万円100万円150万円300万円300万円100万円500万円300万円200万円
保証金150万円100万円900万円(連帯保証人なし) 600万人(連帯保証人一人) 300万円(連帯保証人二人)100万円100万円150万円50万円50万円50万円100万円150万円150万円100万円50万円200万円200万円100万円
研修費1名につき 20万円(別途消費税)要問い合わせ50万円15万円/人70万円30万円50万円50万円加盟金に含まれる20万円要問い合わせ加盟金に含まれるオープン前20万円
オープン後70万円
50万円100万円加盟金に含まれる要問い合わせ
ロイヤリティ売上の 2%/月売上の5%/月1席あたり1,500円/月1席あたり1,500円/月売上の3%/月売上の3%/月5万円/月3万円+(1席あたり1,000円)/月5万円/月無し3万円+(200円x席数)/月売上の3%/月売上の4%/月加盟店料1万円/月売上の4%/月売上の2%/月売上の1.2%/月
システム利用料要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ無し要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ3.6万円/月要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ10万円/月要問い合わせ
広告宣伝費要問い合わせ売上の2.5%/月要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ売上の1%/月売上の3〜7%/月要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ売上の1.5%/月要問い合わせ要問い合わせ売上の1%要問い合わせ要問い合わせ

まとめ:カフェフランチャイズ

いかがでしたでしょうか。カフェフランチャイズについて紹介してきました。カフェフランチャイズについて振り返っていきましょう。

最後に一言だけ付け加えると、カフェのフランチャイズは一部撤退に追い込まれてしまう店舗もあります。ですが、正しいフランチャイズを選ぶことができれば成功に導いてくれるでしょう。夢を叶えたいなら一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*